不倫慰謝料請求相談所

誓約書・示談書作成サービス案内


料金

誓約書 19,800円(一律)

示談書 24,800円(一律)

※料金は前払いです。

成功報酬はいただきません。0円です。

上記報酬額には、アドバイス料、示談書作成料、示談書発送料、日当、消費税が含まれます。

お申し込みはこちらから

サービス内容

誓約書・示談書作成サービスに含まれる内容です。

  • 誓約書・示談書作成に関するご相談(回数無制限)
  • 誓約書・示談書作成(専門家の職印の押印もいたします。)
  • 誓約書・示談書修正
  • 誓約書・示談書送付
  • 送付後のアドバイス

別途料金がかかる内容です。

  • 速達で送る場合(1,000円)
  • 相手からの返信を転送する場合(1,000円)
  • 別内容の文章を作成する場合

サービスの流れ

step1 お申し込み

電話もしくはメールでお申し込み下さい。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのメールフォームから御依頼ください。

この段階で軽い打ち合わせを行います。

step2 お支払い

御連絡いただいた後に、入金先・入金額をお知らせいたしますので、御入金よろしくお願いいたします。

示談書作成サービスに関する注意事項を再度確認していただきます。

step3 打ち合わせ・原案作成

入金を確認後、本格的に打ち合わせを行います。

その後草稿をご覧になっていただき、再度訂正するという作業を何度も繰り返します。

step4 示談書完成・発送

満足いただいた段階で発送いたします。

発送方法は職印を押して封筒で発送する方法になります。

行政書士名ならびに職印をおさないことも可能です。(相手に対して強い印象を与えたくないような場合)

このようなお悩みがありましたらご相談ください

  • 相手方と示談が成立した
  • 支払いが分割になりそうだ
  • 相手と交渉する際に前提となるものが欲しい
  • 文章を作成するのが面倒だ
  • 相手にプレッシャーを加えておきたい
  • きちんとした書面を残したい
  • 文章を作成するのが面倒だ
  • 法律的な文章を作成したい
  • 専門家の名前を入れて文章を作成したい
  • 不利な文章は避けたい
  • 成功報酬なしで出来るだけ経済的に物事を運びたい

担当行政書士からの一言

不倫は不法行為であり、慰謝料を請求することは正当な権利です。

慰謝料請求に相手が応じた際にはそれを書面にしておく必要があります。

その後に争いを継続させないためです。

そのためには示談書の作成が必要となります。

また、慰謝料請求に相手が応じていない場合に交渉する場面でも示談書はあると便利です。

単に慰謝料を払えと話をしにいくよりも、示談書を示した上で「この示談書を○○と変えるからここにサインしろ」という交渉の方が話が早くすすみます。

示談書はいろいろと利用方法があります。

お悩みの方は、お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

ご注意

当事務所は弁護士ではございませんので、法律上相手との交渉は禁止されております

あくまでサービスは誓約書・示談書などの書類の作成とそれに付随する相談に限らせていただいております。

まずは御相談いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

準備していただくこと

事情を整理していただくとともに、証拠を集めておいてください。

よくあるご質問

Q 誓約書・示談書の分量・枚数が増えたら料金は変わりますか?

A 分量・枚数が増えても報酬金額は変わりません。

問題によって示談書にもりこみたいことは変わってきますから、当然に分量は変化します。

どれだけの分量でも定額です。

Q 誓約書・示談書の内容を事前に確認することはできますか?

A もちろん、確認していただきます。

記載内容に間違いがあるといけませんので、 内容証明案が出来上がりましたらメールもしくはFAXで確認していただきます。 その際、御希望に沿うように無料で何度でも変更致します。

Q 誓約書・示談書には、行政書士名を記載するのでしょうか?

A 通常は相手方に心理的プレッシャーを与える意味でも記載させていただいております。

ただ、お客様の御要望がありましたら、記載しないこともできます。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

このページの先頭へ