イメージ画像

責任

専門家の回答が間違えていることありますか?

専門家も人の子ですから間違えることもあります。

では、専門家が間違えた場合にどのようにどのように責任追及すべきでしょうか。

専門家が無料相談などで答えたようなことに関しては、間違えていたとしても基本的に責任追及はできないと思ったのが良いでしょう。

有料相談などで答えたことに関しては、やはり専門家は責任をおうと考えられますので、責任追及が可能となります。

ただ、専門家とも言った言わないの争いになることが予想されますので、もし不安な内容がありましたら専門家の回答を書面に起こして、その専門家にそのような回答をしたという事を署名させ、その上でなんらかの保障の一文を取っておくといいと思います。

逆にそこまでしても自信を持って回答して頂ける専門家であれば信頼できると思います。

もちろんこのようなことがなかなかできることではないと思いますので、これ以外の方法としては、やはり何人かの専門家に同じ質問をして回答を得ておくということが必要かと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このページの先頭へ