イメージ画像

財産分与

益若つばささんの離婚と財産分与

Webを見ていたら益若つばささんの離婚が報道されていました。

財産分与の額は2,000万から3,000万だそうです。

これは元妻から元夫に対して支払われるとのことです。

財産分与というのは夫婦だった間に構築した財産を離婚に際して分配すると言うのが趣旨ですから、奥さんの方が収入が高い場合は当然元妻から元夫に対して支払われることになります。

離婚に際して動くお金ととしては、財産分与のほかには慰謝料と養育費があります。

法律の概念上は3つ全て別々に考えますが、実際はそれらのものがすべて含まれた形で決められる場合もよくあります。

今回の場合は弁護士が入っているでしょうから区別して決められているのかもしれませんが、通常は慰謝料と財産分与を含めた形で額を決める場合が多いです。

養育費については今回親権をつばささんの方が取られるということですので、形式的には本夫は支払わなければなりません。

ただし、元夫の収入によって計算される養育費がそれほどの金額でない場合は、養育費を考慮しそれを減額した形で慰謝料と財産分与額が定まっているかもしれません。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

不倫の慰謝料は財産分与の対象に含まれますか?

不倫の慰謝料をもらった後に離婚することになってしまった。

その離婚の時に財産分与の問題になりますが、相手からもらった慰謝料を財産分与の対象とするかという問題です。

不倫の慰謝料については財産分与の対象には含まれません。

不倫の慰謝料は夫か妻のどちらか一方に発生した財産です。

財産分与の対象は夫婦が共同で形成した財産のみ対象となりますから不倫の慰謝料は対象外です。

財産分与の対象となると考えてしまうと、不倫の慰謝料を分け合うということになり、不倫をしたものが不倫相手から慰謝料を受けると言う変な結果になってしまい妥当ではありません。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このページの先頭へ