イメージ画像

誓約書

不倫の慰謝料請求後に誓約書を書かせた場合の問題

慰謝料を請求した後には通常何らかの書面を作成します。

よく作成するものとしては示談書ですが、誓約書を作成する場合もあります。

誓約書と示談書の違いはと言うと、一般的に言って誓約書は1人の意思が明らかになる書面と言えますが、示談書は双方の意思が明らかになる書面です。

どちらを作成しても構わないのですが、請求する側としては相手にのみ書面を作成させて、自分は何の書面も作成したくないという理由から誓約書を作成される方もいます。

誓約書を作成する場合に、相手が何の反対もせずに誓約書に署名してもらえるのであれば問題ないのですが、支払うのだから受け取る側もなんらかの約束をしてほしいと主張されてしまうと問題がこじれてきます。

請求する側が誓約書など書かない、過去のであれば裁判にするなどと高圧的に出れる場合は別ですが、ある程度相手の要求をのまなければしょうがないような場合は誓約書に応じざるをえないでしょう。

そうなると誓約書を2つ作成することになりますが、そうであれば最初から示談書を作成したほうがいいので、誓約書にするか示談書にするかという事は相手の様子を伺いつつも決めなければならないという点でどちらがいいと単純に答えることができない問題となります。

当事務所では誓約書も示談書も作成しておりますので何か疑問などがありましたらお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

不倫相手に慰謝料を支払わせた上で誓約書を書かせたい

相談内容で多いものが、不倫相手に慰謝料を支払わせた上で誓約書をかかせたいのですがどうしたらいいでしょうというものです。

通常はこのような場合、別に誓約書を作成しておいて、相手に慰謝料を請求する内容と、別便で誓約書を送るのでそれに署名しろというような内容を書き込んだ内容証明を作成します。

相手に誓約書を書いて送って来いというような内容でも良いのですが、相手がどのような誓約書を書いていいのか混乱する上に、請求する側の要求を満たさない誓約書が送られてきてしまうと、さらに誓約書の内容を巡って争いが発生してしまうデメリットがありますので、最初からご自身で誓約書を作成するほうがいいと思います。

多くの場合、相手側の関心事は慰謝料額ですので、その点をある程度妥協するということを示しておけば意外と誓約書は問題なく署名される場合が多いです。

また、誓約書の中に誓約書を提出して慰謝料を支払えば問題はすべて解決とするというような条項を書いておけば相手も安心して誓約書に署名しますし、問題解決が近づくことになります。

同様のことは示談書においても言えますので、慰謝料を請求する内容証明を作成される場合は、誓約書や示談書を一緒に作成して相手に示すことはおすすめです。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

住所を出さずに誓約書を作成できますか?

誓約書の作成を依頼される方に質問をされることが多いことに、相手に住所を知らせずに誓約書を作成することができるかということがあります。

当事務所が誓約書の作成に関して行うことができることは、誓約書を作成することと、誓約書に関して何らかの要求を相手に伝える文章を作成することです。

作成した文章は当事務所の行政書士の名義で相手に送ることができます。

この時依頼者の住所は明かさないことが可能です。

住所を明かさなかった場合は相手に当事務所に返信するように求めます。

ただ、相手が返信してきたとしても当事務所は交渉に参加することができませんので、相手の返信をそのまま依頼者に転送することになります。

利用の仕方としては、自分が思う理想の誓約書を作成し、それを相手に伝えることによって、相手の反応伺います。

相手が誓約書に署名することを承諾すればそれで終了ですし、相手が承諾しなければ裁判や弁護士に相談するということになります。

弁護士や裁判となると費用がある程度かかりますので、その前段階として行政書士に書面や誓約書、内容証明の作成等を依頼することを検討されてみてはいかがかと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このページの先頭へ