イメージ画像

浮気

不倫浮気が発覚し慰謝料請求される理由

よくある話なのですが、生活態度や趣味などが変わることが挙げられるようです。

例えば、バイクと釣りにしか興味のなかった男が、流行りものについて興味を持ち出したり1人で映画館に行くようになったなどということが相談の中で出てきたりします。

こういった事はなかなか隠すことは難しいのかなという気がします。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

ある人の話

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

行政書士であるということを相手に知られずに話をする場合はよくあります。

全く関係ない話をしていたのに、急に男女間の問題について話をされることがありましたのでそれを紹介させていただきます。

 

「私の友達で26歳の女の子がいるのですが、実は不倫をして子供までできてしまった子がいます。

まさに最近10日くらい前に、旦那になる人が奥さんと友達と3人で慰謝料の話を弁護士も交えてしたそうです。

まだ、これから旦那になる人は奥さんと別れていないようなので別れるのもこれからで、別れてから友達と結婚して子供を産むのだそうです。

ただ、別れるだけであればいいのですが、やはり子供ができた以上、不倫していたことは今のまだ別れていない奥さんには伝えなければならないので、伝えたそうなのですが、子供が友達のお腹の中にいるため、いないときよりもさらに子供がいるということで慰謝料が上がり200万円を分割で払って返していくことになったそうです。

友達には幸せになってもらいたいけれど、やはり不倫というのはリスクが高いな。 と話を聞きながらも実感してしまいました。

普通に何もなく結婚できるのがなんだかんだでリスクなく安心ですね。」

 

行政書士からの一言

行政書士であるということを明かして話をしていたわけではないのであまり詳しくは聞かなかったのですが、この慰謝料請求は奥様が女性に対して請求した金額であるとすれば、奥様は今の旦那さまに対して離婚の際に別途慰謝料請求をする可能性があります。

性質が似てきますのである程度減額される可能性はありますが、ゼロになるかどうかは分かりません。

そうなりますと、新たに家庭を築くとなった場合に、友人が支払わなければならない慰謝料と、新たに旦那さんになった方が支払わなければならない慰謝料があることになります。

そうなると二重に苦しくなるわけです。

 

確かに普通に結婚できるのが一番いいのかもしれませんが、結婚生活を維持していくのはお互いに気を遣ったりしてなかなか大変なことかと思います。

不倫や浮気がなかなかなくならないのも事実ですし。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

浮気もほどほどに(婚約破棄事例紹介)

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

事例紹介です。

25歳のときに婚約破棄しました。

大学時代に付き合ってからなので4年間付き合っていました。

同棲期間もあり、2年間同棲していました。

もともと浮気ぐせが有り、同棲期間中にも2回ほど見つかって大喧嘩をしています。

それでも別れずにきて25歳になったのをきにプロポーズしました。

プロポーズしたのはいいのですが、浮気ぐせは抜けずにプロポーズ後も浮気を繰り返してしまいました。

それがみつかり結婚前に別れることになりました。

婚約破棄された形になります。

婚約破棄とともに婚約破棄の慰謝料を請求されました。

4年間付き合っており、2年間同棲もしている状態でこちらからプロポーズしています。

それなのに浮気しているため返す今思うと返す言葉もないです。

結構彼女のほうも精神的にもダメージが大きくて婚約破棄の慰謝料として100万円その後のケアのためのお金を慰謝料にプラスして支払いました。

自分が悪いとわかってはいるのですが、結構辛かったです。

 

行政書士からの一言

 

確かに相場からいくと少し高いかもしれません。

付き合っていた期間と同棲していた期間は基本的に婚約期間とは考えないからです。

(同棲していた期間が長いと事実婚の状態になっていたと考え、離婚の慰謝料請求と同様に考える考え方がありますが、今回はその話は抜きにして婚約破棄の慰謝料請求ということで話しています。)

ある種浮気が病気のようになっているのかなという気もしますが、職業柄このような話をよく聞いていると、きちんと慰謝料を支払われるいるのは責任を果たしていて最低限のマナーはあるのかなという気がします。

もちろん浮気癖を直した方がいいと思いますが。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

浮気の慰謝料の相場

浮気の慰謝料の相場としては30万円から100万円が多いです。

浮気の慰謝料は不倫の慰謝料と同じ意味ですのでそれで調べられてもいいと思います。

金額が上下しますが、これは浮気の期間や相手の経済力などによって変化するためです。

同じ行為をしても慰謝料の額が違うのは不思議に思われるかもしれませんが、裁判にせずに話し合いでまとめてしまう場合が多いので、一定額が決まっているというようなことにはなかなかなりません。

慰謝料を請求する場合は通常は内容証明などで請求します。

相手方に請求していることを形として残したくないのであれば、口頭で相手に請求します。

その後相手と話し合いが持たれることになりますが、話し合いがまとまった場合にはできるだけ書面に残しておいた方がいいです。

書面は合意書や和解書示談書など、どのような題名でもいいと思います。

とにかく書面になっていることが大事で、書面にすることによって支払いをしたかどうか、さらなる請求をするかどうかの争いを防ぐことができます。

当事務所では内容証明の作成を17,500円、示談書などの書面の作成を24,800円の一律料金に行っております。

成功報酬等は発生しませんのでお気軽にご相談下さい

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

相手の浮気が原因で自分から別れを告げましたが慰謝料請求出来ますか?

質問をいただいたので回答です。

この投稿の続きを読む »

不倫・浮気の慰謝料請求をする方とされる方

不倫・浮気問題で相談を寄せられる方の最大の関心事はやはり慰謝料額です。

どちらがどのように不安に思っているのでしょうか。

この投稿の続きを読む »

不倫相手にいいたいことをいつ言うか

不倫に関して、法律的な請求となるとメインは慰謝料請求となります。

しかし、それ以外の部分についても言いたい事はたくさんあるのが通常です。

いつ言うべきでしょうかという質問をされる場合があります。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ