イメージ画像

婚約破棄

妻がいる男性が女性と婚約することはできますか?

男性が妻とは別れるから結婚してくれと女性に言い寄るシーンはドラマなどでも多く目にするものかと思います。

女性は男性を信じ交際するが結局妻とは別れられずに女性との関係を終了させるというのもよくある展開です。

ではこのような場合、口説かれた女性は男性に婚約破棄として慰謝料を請求できないのでしょうか。

よくある事例なのですが、理由はどうあれお金を支払いたくない男性は、重婚は禁止されているのだから妻がいる身で婚約など成立しない。

当然慰謝料も支払う必要はないと主張されます。

これだと既婚男性は法的に遊びたい放題となりかねません。

実際のところ法律はどう考えるかといいますと、婚約は文字通り結婚の約束なので既婚者である男性もできます。

契約自体は有効に成立すると考えるのが通常です。

あとはその契約がどの程度相互に拘束しあうかということを考えることになるかと思います。

妻との関係が密接であって女性との関係が単なる遊びであることが明らかであればそのような婚約はあまり保護に値しない程度の拘束しかしないということになるでしょう。

それに対して、妻との婚姻関係が破綻していて内縁同等に女性と暮らしていたとなればやはり婚約破棄として損害賠償の対象になると判断されるかと思います。

最終的には裁判所の判断にはなりますが、男性が無責任に遊びたい放題ということはありません。

婚約破棄、不倫について疑問がありましたらお気軽にご相談ください。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

お見合いサイトで交際した後の婚約破棄

最近は婚活が流行っていますが、婚活の場と言ってもいろいろあり、サイト上で知り合うというのも多いようです。

通常は婚活後にお付き合いを開始すると、「結婚を前提として付き合う」ということになります。

これが婚約になるかということがまず問題です。

事情によって異なるとは思いますが、通常お付き合い開始の「結婚を前提として」という言葉には結婚の約束としての性質は薄いと判断される可能性が高いです。

あくまでまじめにお付き合いを開始するという意味に過ぎず、お付き合いをしてみて結婚するかもしれないし別れるかもしれないというのが通常の意志と解釈されるからです。

しかし、お付き合いを継続していった上で例えば両親に紹介したり、婚約指輪を渡したり、結婚式場を見に行ったりなどという事情が重なってくると婚約としての性質が高まってきます。

そこまで進んだ後に別れるとなると婚約破棄として問題となります。

一般的な感情としては単なる男女の交際の終了と簡単に思われるかもしれませんが、結婚の問題が入ってくると法律的に保護されてきます。あまり無碍に相手を傷つけないようにご注意下さい。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

婚約破棄の慰謝料請求の内容証明作成について

依頼を受けて作成するときに希望が変わってくることがあります。

最初は怒りにまかせて強めの文章作成してくださいと言われ作成するのですが、いざ実際に作成してみるとあまりにきつい書き方に躊躇してしまいもう少し柔らかくしていただいてもいいと言う方がいます。

その一方で、こちらはきつめに書いたつもりでもまだ足りないのでさらに強くしてくれですとか、いろいろな事情を付け加えてほしいとご注文される方がいます。

どちらの場合もできるだけご希望に添えるように修正しています。

作戦していてやはり難しいのは、気持ちの部分をどのように伝えるかということです。

法律的には気持ちの部分はあまり問題ではなく、事実とそれに対する慰謝料の金額を伝えることに重きを置きます。

ただそれではやはり依頼していただいた方のお気持ちにかなう文章はできませんので、できるだけ気持ちを入れようとします。

入れすぎると文章のまとまりがなくなるのと同時に、相手に伝わりにくくなるという欠点をうみます。

その点をどう調和していくかが難しいところです。

もともと文章力がある方などが依頼されると、こちらが作成した文章にどうしても満足が行かない場合があるようです。

その点についてはやはり法的な文章というものを理解していただくように努めますが、最終的にはやはりご自身のご希望を尊重いたしますので出来る限りご自身の文章を引用するようにはします。

ただどうしてもあまりに長く法的には少し内容証明にするのは厳しいとこちらが判断した場合は、別便でご自身の気持ちという事で送っていただくことにしています。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

暴力による婚約破棄(22歳)

よせられた体験談です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

結婚は人生最大のイベントであり転機でもあります。

交際をはじめてお互いのことを知っていきます。

お互いが結婚を意識するようになることもあるでしょう。

その場合、結納などをして婚約をします。

しかし交際期間中は、相手に良いところばかりを見せようとする傾向があります。

そして相手の本性を見抜けないと、とんでもない事態に発展することがあるのです。

私は22歳で5年付き合った彼と婚約をしました。

結婚のために会社を退職しました。

しかし普段は優しかった彼が突然、豹変したのです。

殴る蹴るの暴力が始まったのです。

耐えきれずに毎日泣いていました。

ついに腕を折る大怪我を負わされ、暴力が親に知られました。

そして婚約を解消するべきだと言われました。

婚約破棄は破棄を申し込んだ方が、慰謝料を支払うというイメージがありました。

しかしそれは違ったのです。

私の場合、彼の方に非があるのです。

100万円の慰謝料を請求しました。

私の方に慰謝料支払い義務は発生しませんでした。 無事に暴力から開放されることが出来ました。

 

行政書士からの一言

 

いろいろと間違えたイメージをお持ちの方は多いような気がしますが、破棄した側が支払わなければならないという間違えたイメージをお持ちの方は多いです。

あと多い間違いは弁護士に頼まないと慰謝料請求はできないという間違いでしょうか。

DVは増えているようですね。

今回の事例では相手がある程度素直に慰謝料であったり婚約破棄に応じたようですが、もめる事例も多いでする

揉めた場合は内容証明や示談書なども有効ですが、身に危険が生じるようでしたら警察やストーカー規制法その他の法律などを利用していくことも考えられるといいと思います。


お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

婚約破棄の慰謝料(40代)

知り合いが聞いてきた話です。

 

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

友達(女性)の話ですが、もうすぐ40代に差し掛かろうとしていたところへ婚約破棄されたそうです。

女性の40代と言ったら結婚に焦りが出ている頃と思うのですが、信頼しきっていたお相手から急に別れを切り出されてかなり参ったそうです。

理由を尋ねようにもお相手は電話に出てくれず、具体的に結婚式の日取りも決めていた為怒りが湧き、慰謝料を請求することにしたそうです。

専門家に依頼してこれまでの事情を話しますと、請求は充分可能だということでその方の力をお借りして請求したそうです。 そしてそのお相手はようやく連絡が取れるようになったのですが、請求にはなかなか応じず、挙句の果てにこちらにも非があると言い出し、逆に慰謝料を請求するとまで言い出しました。

しかしお相手の言っていることは事実無根で、長い話し合いの末こちらの言い分を認めて慰謝料を払うことを認めたそうです。

ちなみに請求額は一般的請求額のおよそ2倍ほどと聞いています。 100万~400万ぐらいではないかと想像しています。

 

行政書士からの一言

 

年代が上がってくるとどうしても慰謝料額というのは上がる傾向にあります。

違法性、不法性または不当性があがるというよりは、むしろ相手の資力が上がってきているため支払額があがるという傾向があるのだと思います。

原則として報酬を得てこのような問題を扱える専門家としては弁護士と行政書士がいます。

弁護士は交渉をすることができますが、行政書士はできません。

弁護士の方が良いように思いますが、費用の面と個人差があるという点が問題です。

交渉としてどの程度のことを行ってもらえるのかということをきちんと聞いておかれるといいと思います。

交渉といっても書面を出すというだけであれば行政書士でも可能です。

どの専門家に頼むにしても、最終的には自分の意思が一番重要になりますので、相手に対して何らかの請求をする場合は、決してあきらめないという思いを持つことが重要だと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

突然の婚約破棄(29歳の事例)

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

3年付き合ったカレと、結婚をすることになりました。

私もカレも29歳で、結婚式の大体の日取りなどを決め、式場やウェディングドレスをどうするのかこれから決めていこうという時に、突然婚約破棄をされました。

結婚できません、ただそれだけで理由も教えてくれなかったのです。

慰謝料をきちんと払うといってくれたのですが、その額は20万円でした。

その額に納得できなかった私は、婚約破棄や浮気などの相談を受けているところに相談してみることにしました。

すると、慰謝料請求書を専門家が作成してくれて、カレに送ってくれたのです。

そのおかげで慰謝料の額が150万円になり、カレも支払うことを了承してくれました。

自分で行っていたら、きっともっと少ない金額だったでしょう。

専門家に相談することで、しっかりとした金額を請求できると思います。

書面で慰謝料のことをしっかりと伝えてくれたので、円滑に話がすすみ、無事に解決できました。

辛いですが、これからがんばります。

 

行政書士からの一言

 

彼女の言葉を見る限りでは、専門家は内容証明を送ったのかと思われます。

内容証明行政書士及び弁護士が送ることができます。

最終的に得た損害賠償額の150万円は相場からいくと高いといえます。

損害賠償額は相手の経済的資力に影響されることが多いので、相手がある程度裕福だったのかもしれません。

金額については特殊な事例といえますが、相手が支払ってきている金額について、あきらめずに自分の意思をきちんと表すという意味では学ぶべきことが多い事例だと思います。

泣き寝入りして終わるのも1つの方法ですが、言いたいことを言った上で泣き寝入りするというのも泣き寝入りの1つの方法といえます。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

祖母の反対で婚約破棄の事例(慰謝料額ゼロ)

ある人の婚約破棄の事例です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

元々結婚するつもりで式場を見学したり、婚約指輪と2人の結婚指輪も購入して相手方の両親に挨拶に行きました。

しかし後日、両親に呼び渡された私は一度も会ったことのない相手方の祖母の反対により結婚できないことを告げられました。

その後一年ほど付き合いましたが、結局別れることになり、婚約破棄(?)の際に、すでに購入していた婚約指輪・2人分の結婚指輪を購入した際にかかった費用を全て返してもらいました。

相手の両親に呼び出されて結婚を許さないことを告げられた際に、相手に今後もし別れる場合には指輪の代金を払ってもらうよう事前に伝えてあったのもあり、相手も指輪代金を払ってくれました。

婚約破棄による慰謝料までは言えないでしょうが、指輪代金のみのお金を受けとりました。

このような場合でも婚約破棄による慰謝料をもらうことは出来るのだろうかと考えたこともありましたが、精神的なダメージを受けたことにかわりはないので可能だったと思います。

 

行政書士からの一言

法律的には結婚というものは当人同士の意思で決まるのですが、現実にはなかなかそのようにはいかず、家庭の反対により結婚できない場合もあります。

この事例のように相手の祖母の反対によって結婚できないこともよく聞く話です。

このような場合、祖母の反対によって結婚できない事は正当な理由がある婚約破棄とは認められない可能性が高いです。

そのため、慰謝料の請求が可能になります。

今回の事例の場合は、お互いが納得していれば問題は無いのですが、慰謝料請求が可能な事例だったと言えるでしょう。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

付き合い始め一年程度の婚約破棄事例(慰謝料250万)

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

私は、この間婚約破棄しました。

私に特に好きな女性が出来たわけではないのですが、付き合っている間に、彼女の攻撃的な性格に段々疲れるようになって来たかです。

いろいろなところに出かけたり、食事をしたり、映画を一緒に見たり、付き合っている男女の普通のパタ-ンだったのですが、そのうちなんとなくしんどくなってきました。

彼女がかなり男性的な人だったのと、私がもともと割合神経質だったことから、無理だったのだと思います。

付き合い始めて1年目に婚約して、いよいよ結納を納めようかというときに私が手を上げました。

結局、彼女の方に私の年収の1/3程の金額を収めました。

金額にして250万円ほどです。

今となっては少し高いかなと思いますが、もともと、結納金として収めるつもりだったので、さばさばとしていました。

彼女のほうも、ある程度「この人とうまくいけるかなあ・・」と少し気にはしていたみたいなので、淡々と婚約破棄が成立しました。

普通は、こんな場合、女性の方が悲しんだり、怒ったり、女性の実家の方が乗り込んできて「どうしてくれる、うちの娘!」とすいう展開になったりするようですが、今回の場合、協議離婚のように たんたんと婚約解消ということに成りました。

いずれにしても、飽きるかもしれないと思ったら、腹をくくるまでは、婚約は口にしない方がいいのかもしれませんね。

断った方が、応分の負担をしなければならないから、そういうことも視野に入れて婚約はするべきなのでしょう。

 

行政書士からの一言

 

このように基本的に両者の間に争いがない場合は、本当に淡々と進みます。

今後の争いの再発を防ぐために示談書をきちんと結んでおくというくらいです。

正直なところ、様々な事例を見ていますとこの慰謝料金額が高額であると言わざるを得ません。

なかなかここまで誠実に対応している人は少ないです。

この方は基本的に支払うこと自体には争いがなかったので、いいのですが、最後の部分の「断った方が慰謝料を支払わなければならない」というのは少し誤解を受けるかもしれません。

基本的に離婚などもそうですが、婚約破棄も一方だけが悪いという事はありません。

相方が悪い場合が多いです。

結局は話し合いということになりますが、時間をかけて話し合っていけばある程度双方が妥協することになりますので、金額が下がる場合が多いです。

急ぎすぎると慰謝料額は増額する場合が多いようです。

どのような場合にいくらの慰謝料金額が妥当かという事は客観的に決まるものではありません。

相手の態度やかけられる時間等を考慮して作戦を立てられるといいと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

婚約破棄の体験談

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

ある人から次のような話を聞きました。

「私の知人で、おしどり夫婦とよばれる、仲のよいご夫婦がいます。

ある日、その奥様のほうがお留守の時に、ご主人の方が、ボソっと 思い出話を語りだしました。

どうやら、このご主人は、 あの奥様とご結婚する前に、既に別のかたと婚約をしていたそうです。

婚約していたものの、今の奥様に出会ってしまい、悩んで、 やはり婚約している人にはっきり伝えて、婚約破棄をしようと結論したそうです。

婚約していた女性は、「婚約しているのに、他の女性の事をすきになるとは!」と、 怒り心頭だったそうです。

しかし、このまま結婚するのもわだかまりがあっていやだ、という事で、 結局婚約破棄となり、婚約者には既に渡してあった婚約指輪、そして、 慰謝料として100万円を渡したそうです。

当時(40年以上前)、それが妥当な金額だったのかどうかわかりません。

でも、彼にしてみたら、大金だったそうです。 今だったら、婚約破棄になったとしたら、 きっと弁護士事務所などにお願いして、 事務的に処理してもらうのだろうな、と思います。

当時、彼も弁護士事務所に依頼していたら、もしかしたら、 100万円よりやすかったのかもしれない、とポロッといっていました。」

 

行政書士からの一言

確かに40年前ということを考えると少し高いのかなという気もします。

ただ、最近婚約破棄や不倫の慰謝料を請求額として認められる額が減ってきていることを考えると、ある程度妥当な金額なのかなという気がします。

現在であれば、そのような状況であれば内容証明などを出して相手ときちんと話し合えばもう少し金額が少なくなったかもしれません。

このような問題ばかり扱っていると、どうしても不誠実な方ばかりを耳にしますので、この人はかなり誠実な方だなという気がします。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

浮気もほどほどに(婚約破棄事例紹介)

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

事例紹介です。

25歳のときに婚約破棄しました。

大学時代に付き合ってからなので4年間付き合っていました。

同棲期間もあり、2年間同棲していました。

もともと浮気ぐせが有り、同棲期間中にも2回ほど見つかって大喧嘩をしています。

それでも別れずにきて25歳になったのをきにプロポーズしました。

プロポーズしたのはいいのですが、浮気ぐせは抜けずにプロポーズ後も浮気を繰り返してしまいました。

それがみつかり結婚前に別れることになりました。

婚約破棄された形になります。

婚約破棄とともに婚約破棄の慰謝料を請求されました。

4年間付き合っており、2年間同棲もしている状態でこちらからプロポーズしています。

それなのに浮気しているため返す今思うと返す言葉もないです。

結構彼女のほうも精神的にもダメージが大きくて婚約破棄の慰謝料として100万円その後のケアのためのお金を慰謝料にプラスして支払いました。

自分が悪いとわかってはいるのですが、結構辛かったです。

 

行政書士からの一言

 

確かに相場からいくと少し高いかもしれません。

付き合っていた期間と同棲していた期間は基本的に婚約期間とは考えないからです。

(同棲していた期間が長いと事実婚の状態になっていたと考え、離婚の慰謝料請求と同様に考える考え方がありますが、今回はその話は抜きにして婚約破棄の慰謝料請求ということで話しています。)

ある種浮気が病気のようになっているのかなという気もしますが、職業柄このような話をよく聞いていると、きちんと慰謝料を支払われるいるのは責任を果たしていて最低限のマナーはあるのかなという気がします。

もちろん浮気癖を直した方がいいと思いますが。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このページの先頭へ