イメージ画像

不倫慰謝料事例

離婚後に不倫発覚、慰謝料請求できますか?

夫婦間の性格の不一致で話し合い離婚したつもりだったのだが、実際は元夫に不倫相手がいたことが分かった。

不倫相手に慰謝料請求をしたいができますかという相談を受けることがあります。

元夫と不倫相手との関係が離婚後に終了した場合、元夫が女性に対する腹立たしさから元妻に対して女性に対する慰謝料請求をさせるような事案さえ耳にします。

結論的に言いますと、不貞行為は不法行為ですので損害及び加害者を知った時から3年以内であれば慰謝料請求をできます。

そのため、ほとんどの場合に慰謝料請求が可能となります。

ただし、不倫していたと知らずに離婚していますので、損害として離婚についてまでの慰謝料請求が認められるかについては、判断が分かれるかと思います。

相談

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫の慰謝料100万円支払い(事例紹介)

不倫期間は一ヶ月程度というものでした。

旦那さんが奥様が出産時に浮気したというものです。

残念ながらこのような事例は多く耳にします。

奥様の希望としてはとにかく相手女性に釘を差したいということでしたので特に金額にはこだわらないということでした。

そのため、問題解決しやすい100万円を請求されてはどうでしょうとアドバイスさせていただき、その他相手に伝えたい内容をお聞きしてそれらを文面に起こし内容証明として送付しました。

通常通り微妙な言い回しなどは奥様のご希望に従い修正を加えましたが、作成依頼から発送までは2日程度でした。

その後、相手は50万円なら支払うと言ってきましたが、奥様がもともと金額にはさほどこだわらないということでしたので50万円でいいということになりました。

ただ、そのことは相手には伝えず示談書を作成しますか?などと検討しながら数日が過ぎてしまいました。

そうすると相手女性から再度「お金の都合がついたから100万円支払う」という連絡が入りました。

そこでそのような内容の示談書を作成し終了となりました。

減額を求めていた方が満額支払うと修正されるのは珍しい事例ではありましたが時々このような場面に遭遇することもあります。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫慰謝料(40代1000万)

寄せられた不倫に関する話です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

この投稿の続きを読む »

不倫慰謝料請求体験談(40代)

不倫の慰謝料について何か知ってる事はありませんかと聞いて帰ってきた体験談です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

この投稿の続きを読む »

不倫慰謝料体験談(40代・300万円)

寄せられた体験談です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

この投稿の続きを読む »

上司との不倫(慰謝料額500万円)

不倫に関して寄せられた事例紹介です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

 

同じ職場に、もう還暦に達しようとしている上司と堂々と不倫をしている20代の若い女性がいます。

その女性はあからさまに上司の運転する車で出勤したり、その上司に買ってもらったであろう高価なブランド物のバッグを複数の種類日替わりで身に付けるなど、職場では浮いた存在でした。

仕事に悪影響を及ぼすと多くの社員から敬遠されていたのですが、何分上司の女性ということで処分は甘くありました。

しかしある日のこと、私の家にある女性から電話が掛かって来ました。

その女性は先の上司の奥様と仰います。

ご用件は、ご主人様がお付き合いをなさっている女性の名前と連絡先を教えて欲しいということでした。

困りましたが、そこは正当な判断としてお伝え出来ないとお断りさせて頂きました。

しかし私達も困っていると、社内で問題になっている旨をお話させて頂きました。

すると奥様はご主人様が迷惑を掛けているとお詫び下さり、恐縮しました。

以降しばらくしてから奥様より再びお電話を頂き、様々な機関を通して問題の女性を特定され、慰謝料を請求する手続きに入ったと仰っておられました。

1億請求しても足りないと仰っておられましたが、相手が若い為500万で抑えたと仰っておられました。

それでも高額と思うのですが、与えられた損害を考えれば妥当若しくは足りないと思いました。

その請求に女性は素直に応じ、現在毎月少しずつ支払っているそうです。 これで改心してくれればと思います。

 

行政書士からの一言。

具体例的な事情が分からないので何とも言えないのですが相当高額だと思われます。

不倫していた女性が何もわからず相手の要求を呑んでしまう場合があります。

今回もそのような事情があるかもしれません。

そうなりますと近いうちに支払いが滞ることが予想されます。

そういった事情がある場合には、中には借金してまで一括で支払えというような要求を出し、相手がそれを呑んでしまうような場合もありますが、通常の場合はすったもんだが続き結局は支払わないことが多いです。

そのようになることを避けるためにできるだけ一括で支払いを受けられる額を受け取ってしまう場合が多いです。

ただ、相手の女性の仕事が簡単には移動できないような場合であれば、最終的には給料に差し押さえに行くという事を念頭にある程度高額でもいいのかもしれません。

そのような場合は示談書を作成しておくと良いでしょう。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

不倫慰謝料請求の体験談(60代)

寄せられた相談などを経験談風にしてみました。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

 

齢60にもなろうとする友人が元気ないのです。

一人居酒屋さんで飲んでいるのでした。

いつもは、可愛い女の子を側にはべらかしてしることが多いのですが。

そんな私と目が合った友人、力なく言うのでした。

「不倫がばれた」と。

過去何十年も上手に浮気をして来た友人ですが、とうとう奥さんにバレてしまったようです。

もうこの歳ですから離婚はないと軽く考えていた友人が言うには、「離婚と慰謝料を請求された」と言うのでした。

彼のショックは、離婚を言い渡されたことにもあるようです。

と言うのも、今回の不倫だけで離婚を言い渡されたことにあるようでした。

しかし今更と友人も割り切ることにしたようです。

数日後に再び顔を合わした時は、かなりすっきりした顔をしていたのです。

裁判になると300万円は支払うことを覚悟していたと言う友人、その300万円を払うことで離婚を回避したと言うのでした。

奥さんにお小遣い300万円プラス海外旅行をプレゼントと言うことで許してもらったそうです。

不倫もうっかり出来ないものと、身の引き締まる思いをしたのでした。

 

行政書士からの一言

 

時々よくわからない相談が入り込んだりします。

300万円の慰謝料というのは不倫の慰謝料額としては高額にはなるのですが、この方は何十年にもわたって不倫をしてきたということを考えると、それらが全てばれたとすればさらに高額になってもおかしくないでしょう。

ご夫婦で納得しあった解決が見つかったということなのであまり問題ないのですが、確かに夫婦生活が長い方になると激情される方は少ないような気がします。

単にお金を請求するのが目的ではなく、関係を終わらせることや配偶者に反省を促すために慰謝料請求するという方も多いです。

なかなか難しいものです。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

不倫慰謝料体験談(33歳、W不倫、離婚)

寄せられた体験談です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

 

10年以上前の事になります。

私は知人(相談を受けた当時33歳)から離婚についての相談を受けていました。

当時、その方には奥さんの他に好きな女性がおられ、W不倫関係にありました。

奥さんと別れて、今つき合っている彼女との結婚を考えているとの相談でした。

とあるキッカケで、奥さんに不倫がバレた時、いろいろな意味で正直だった彼は、 奥さんとその家族に「好きな人がいる」と告白してしまったため、 状況は彼にとって、最初からとても不利なものになってしまいました。

調停の時点で上がった慰謝料の額は800万。

浮気などによる慰謝料の相場は200万くらいと聞いたことがあった私は、 その法外な額に驚きと理不尽さを感じました。

800万に対し、彼の上限は500万。 その後何度か調停を重ねましたが、両者一歩も引かず 1年以上時間が経過しました。

その後3年の間に、調停などで話し合った結果 請求額は700万に減額。

それに対して彼は600万と歩み寄りましたが、 ここでも交渉決裂です。 私は彼サイドを応援していたのですが、話を聞くたび、虚しさを感じました。

この交渉決裂から何の進展もないまま、さらに7年の月日が流れます。 とあることがきっかけとなり、彼も本腰で動き出しました。

調停ではまとまらないということで、結局は裁判にまでなり、 最終的な慰謝料は、いろんな意味を込めた800万。

決着までに10年という歳月が費やされました。

不倫の慰謝料で800万。 この数字の意味するところがなんだったのか、 私にはいまだにわかりません。

 

行政書士からの一言

 

金額ばかりに体験談が集中していて、男性の経済的な状況や具体的な不倫の状況がいまいちよく分からないので何とも言えないかと思います。

確かに相手が離婚に同意しない場合に離婚するには調停または裁判が必要となります。

離婚するまでは夫婦ですので、旦那さんが稼いでいる場合は奥さんに対して婚姻費用としていくらかの金額を支払わなければなりません。

そういった費用を考えると最初の段階で妥協しておいてもよかったのかもしれません。

意地を張ることも大事ですが、駆け引きと言う面もありますし、時間をお金で買うということも考えた上で慰謝料額を検討されるといいと思います。


お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

暴力による婚約破棄(22歳)

よせられた体験談です。

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

結婚は人生最大のイベントであり転機でもあります。

交際をはじめてお互いのことを知っていきます。

お互いが結婚を意識するようになることもあるでしょう。

その場合、結納などをして婚約をします。

しかし交際期間中は、相手に良いところばかりを見せようとする傾向があります。

そして相手の本性を見抜けないと、とんでもない事態に発展することがあるのです。

私は22歳で5年付き合った彼と婚約をしました。

結婚のために会社を退職しました。

しかし普段は優しかった彼が突然、豹変したのです。

殴る蹴るの暴力が始まったのです。

耐えきれずに毎日泣いていました。

ついに腕を折る大怪我を負わされ、暴力が親に知られました。

そして婚約を解消するべきだと言われました。

婚約破棄は破棄を申し込んだ方が、慰謝料を支払うというイメージがありました。

しかしそれは違ったのです。

私の場合、彼の方に非があるのです。

100万円の慰謝料を請求しました。

私の方に慰謝料支払い義務は発生しませんでした。 無事に暴力から開放されることが出来ました。

 

行政書士からの一言

 

いろいろと間違えたイメージをお持ちの方は多いような気がしますが、破棄した側が支払わなければならないという間違えたイメージをお持ちの方は多いです。

あと多い間違いは弁護士に頼まないと慰謝料請求はできないという間違いでしょうか。

DVは増えているようですね。

今回の事例では相手がある程度素直に慰謝料であったり婚約破棄に応じたようですが、もめる事例も多いでする

揉めた場合は内容証明や示談書なども有効ですが、身に危険が生じるようでしたら警察やストーカー規制法その他の法律などを利用していくことも考えられるといいと思います。


お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

婚約破棄の慰謝料(40代)

知り合いが聞いてきた話です。

 

(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

友達(女性)の話ですが、もうすぐ40代に差し掛かろうとしていたところへ婚約破棄されたそうです。

女性の40代と言ったら結婚に焦りが出ている頃と思うのですが、信頼しきっていたお相手から急に別れを切り出されてかなり参ったそうです。

理由を尋ねようにもお相手は電話に出てくれず、具体的に結婚式の日取りも決めていた為怒りが湧き、慰謝料を請求することにしたそうです。

専門家に依頼してこれまでの事情を話しますと、請求は充分可能だということでその方の力をお借りして請求したそうです。 そしてそのお相手はようやく連絡が取れるようになったのですが、請求にはなかなか応じず、挙句の果てにこちらにも非があると言い出し、逆に慰謝料を請求するとまで言い出しました。

しかしお相手の言っていることは事実無根で、長い話し合いの末こちらの言い分を認めて慰謝料を払うことを認めたそうです。

ちなみに請求額は一般的請求額のおよそ2倍ほどと聞いています。 100万~400万ぐらいではないかと想像しています。

 

行政書士からの一言

 

年代が上がってくるとどうしても慰謝料額というのは上がる傾向にあります。

違法性、不法性または不当性があがるというよりは、むしろ相手の資力が上がってきているため支払額があがるという傾向があるのだと思います。

原則として報酬を得てこのような問題を扱える専門家としては弁護士と行政書士がいます。

弁護士は交渉をすることができますが、行政書士はできません。

弁護士の方が良いように思いますが、費用の面と個人差があるという点が問題です。

交渉としてどの程度のことを行ってもらえるのかということをきちんと聞いておかれるといいと思います。

交渉といっても書面を出すというだけであれば行政書士でも可能です。

どの専門家に頼むにしても、最終的には自分の意思が一番重要になりますので、相手に対して何らかの請求をする場合は、決してあきらめないという思いを持つことが重要だと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このページの先頭へ