イメージ画像

離婚後の不倫の慰謝料請求で交際停止を求められるか


離婚したからといって不倫の慰謝料請求ができなくなるわけではありません。

損害及び加害者を知った時から3年間は慰謝料請求が時効にかからないからです。

離婚したことによって慰謝料額が増額できると思われている方が多いですが、確かにそういった例も見られますが、実際のところは相手の経済力などが影響してくるため、あまり増額されない場合もあります。

交際停止についてですが、離婚する前の夫婦には貞操義務がありますので、相手に対して交際を停止することを求めることができます。

それに対して、離婚後は貞操義務がなく、他人となりますので交際は自由ということになり、交際を停止する根拠は無いものになります。

ただこれはあくまで法律上の話であって、感情的には交際を継続させることは許せないと思われる方が多く、その場合は交際を停止するように記載することも多いです。

交際を停止するのであれば慰謝料を減額するというようなことを記載することもあります。

疑問点などありましたらお気軽にご相談下さい。 

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ