イメージ画像

離婚が決まったけれど肉体関係が続いています。破綻ですか?


婚姻関係が破綻していると不倫の慰謝料請求が認められません。

それに関連して離婚が決定した後で肉体関係が継続している2人をどう見るかという問題が生じます。

これは難しい問題で、離婚をどう捉えるかという点と関係があります。

離婚は離婚意思があって届出することにより成立します。

その離婚意思の問題です。

一般的には離婚意思は離婚の届出の意思があれば足りると言われています。

別れた後も同居して生活する人もいるので届出の意思だけで足りるわけです。

「離婚が決まった」というような場合が離婚の届出の意思が合致したような場合をさすのであれば、離婚意思は合致したということになりますので、その段階で夫婦関係が破綻したのは明らかとされる可能性が高いでしょう。

ただ、結局言い争いになれば証拠が必要になりますので、離婚意思を明らかにするような書面の存在が求められることにはなります。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ