イメージ画像

相手に弁護士がついた場合こちらも弁護士を付けなければなりませんか?


不倫の慰謝料請求の場合、相手に弁護士がついても調停や裁判で太刀打ちできないわけではありません。

間に入る調停委員、または裁判所から公平の観点から仕切ってくれるからです。

実際に、不倫の慰謝料請求では弁護士がついていない側がついている側に勝つケースなどいくらでもあります。

勝つ事実があって証拠がきちんと揃っていれば、勝つ方が勝ちます。

不安な場合は専門家に相談したうえで、 1人でされてもいいと思います。

1人でするときのコツは、何よりもまず相手方が何を主張してくるかをきちんと聞き、しっかりと受け止めましょう。

とりあえずは1人でやってみて、どうしようもなくなった困ったという場合に専門家に頼むのも1つの手です。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ