イメージ画像

相手が支払い能力がない場合の慰謝料は?


不倫相手がフリーターや大学生、無職の場合、事実上は慰謝料を請求しても支払いを受けることが出来ません。

そのような場合どうするか。

無い場合に最終的に泣き寝入りしなければならないとはいえ、やるべきことはしておくべきです。

気休めにしか過ぎないかもしれませんが、たとえば謝罪させておく。

慰謝料についてもとりあえずは示談書を交わしておく。

もし示談書を交わせば、請求権は通常の民事的債権として扱われますので時効期間が10年に伸びます。

10年以内に相手が支払うことが出来るようになれば請求できてしまうのです。

不倫の時効期間が3年であることを考えると示談書を交わしておくメリットは高いと思われます。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ