イメージ画像

民法における不貞行為


不貞行為とは、法律用語であり、

配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、

民法770条に離婚事由として規定されています。

●民法における「不貞行為」

夫婦の一方は、以下の場合に限り、

離婚の訴えを提起することができる。

1.配偶者に不貞な行為があったとき。

2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。

3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。

4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

しかしながら、裁判所は、前項第1号から第4号までに

掲げる事由がある場合であっても、事情を考慮して

婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚請求を棄却する

ことができます。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ