イメージ画像

慰謝料の時効


昔のことなんですが、まだ慰謝料請求出来ますかなんて相談も多かったりします。一人歩きしている情報などを眺めていますと、不倫の慰謝料請求は3年の時効だなどという記載をちらほら見ます。

間違えてはいないものの正確性に欠けるように思います。

ただしくは、不倫にしても婚約破棄にしても不法行為として捉えるのであれば民法724条に従うことになります。

条文は次のようになっています。

「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者またはその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。」

重要なのは「被害者またはその法定代理人が損害及び加害者を知った時から」という点です。

つまり、実体法でのみ考えるのであれば、「配偶者が浮気していると怪しんでいるが誰が相手か分からない。」というような場合では時効期間は経過しないということになります。

不倫されたことによる精神的ショックという損害は出ていますが、加害者が誰か分からないからです。

「及び」と条文上なっていますので、両方わかって初めて時効期間が開始されることになるのです。

そういう意味では不倫をしてから3年以上たっても請求することが出来る場合もあります。

意外とこれを忘れている記載が多いのでご注意ください。

なお、本当に加害者を知らなかったのかなどを巡っては証拠による争いとなりますが、それは訴訟上の話なのでまた別の機会に。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ