イメージ画像

弁護士に依頼せずに慰謝料を減額できますか?


弁護士はあくまで代理人ですので、弁護士がいなくてもかまいません。

当事者間の話し合いの段階であれば、弁護士を介さなくても、慰謝料金額の増減をやり取りすることができます。

減額を要求したり、希望金額を提示したりと個人間でさまざまな交渉が可能です。

ただし、自信がなかったり、不安を抱えた状態なのであれば、法律の専門家に依頼した方が結果的にプラスになることが多いかもしれません。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ