イメージ画像

婚約破棄の慰謝料請求の内容証明作成について


依頼を受けて作成するときに希望が変わってくることがあります。

最初は怒りにまかせて強めの文章作成してくださいと言われ作成するのですが、いざ実際に作成してみるとあまりにきつい書き方に躊躇してしまいもう少し柔らかくしていただいてもいいと言う方がいます。

その一方で、こちらはきつめに書いたつもりでもまだ足りないのでさらに強くしてくれですとか、いろいろな事情を付け加えてほしいとご注文される方がいます。

どちらの場合もできるだけご希望に添えるように修正しています。

作戦していてやはり難しいのは、気持ちの部分をどのように伝えるかということです。

法律的には気持ちの部分はあまり問題ではなく、事実とそれに対する慰謝料の金額を伝えることに重きを置きます。

ただそれではやはり依頼していただいた方のお気持ちにかなう文章はできませんので、できるだけ気持ちを入れようとします。

入れすぎると文章のまとまりがなくなるのと同時に、相手に伝わりにくくなるという欠点をうみます。

その点をどう調和していくかが難しいところです。

もともと文章力がある方などが依頼されると、こちらが作成した文章にどうしても満足が行かない場合があるようです。

その点についてはやはり法的な文章というものを理解していただくように努めますが、最終的にはやはりご自身のご希望を尊重いたしますので出来る限りご自身の文章を引用するようにはします。

ただどうしてもあまりに長く法的には少し内容証明にするのは厳しいとこちらが判断した場合は、別便でご自身の気持ちという事で送っていただくことにしています。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ