イメージ画像

妊娠中の不倫事例


妊娠中の男性側の不倫事例です。(個人情報保護の観点から一部修正しています。)

 

私が妊娠したのは5月でした。

それから時間が経ち10月頃に友人から 「旦那さんが知らない人と一緒に街を歩いてたよ」 という報告を受けました。

最初は話半分で聞いていたのですが、その頃からコソコソと何かをしている夫に対して、明確に何とは言えないのですが何となく変な雰囲気を感じとりました。

女の第六感というものかもしれません。

そこで、その友人に詳しい状況を聞き、いつも特定の曜日の特定の時間帯に見かけるということで、私はそれ以来証拠集めを行いました。

結論は黒でした。

私は実家と相談して、不倫相手の女性に慰謝料を請求しました。

その額は50万円になりました。

不倫相手はしばらく支払うことを渋りましたが、弁護士さんを立てて、そこからも請求をして貰いました。

結局は分割払いで弁護士費用も含めて、トータルで60万円程度を支払わせました。

ただ、夫婦仲はすっかり冷えきってしまいました。

 

行政書士からの一言

この事例は証拠がきちんと揃っていた事例なので、行政書士を使って内容証明などで請求し、もめた場合は相手とご自身で交渉し、言いたいことをぶちまけるという方法をとっても良かったのかもしれません。

平均的な弁護士報酬よりは少し安くしていただけたのかなという気がします。

一時的な火遊びとしては高いのかもしれませんが、夫婦関係が冷え切ってしまったとなると非常に安い金額かもしれません。

妊娠中の不倫の事例は相談が多いので、気をつけられるといいと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ