イメージ画像

契約書作成について


当事務所ではこのサイト以外に契約書作成についてのサイトがあります。

不倫や浮気、婚約破棄の問題の場合にも誓約書・示談書など契約書の作成が必要となる場合があります。

その場合には、こちらのサイトもご覧いただければと思います。

契約書作成相談所

このサイトの中の記事について、不倫・浮気・婚約破棄の場合との関連で紹介させていただきます。

作成する契約書に外国語を使う

誓約書や示談書の場面で問題になるかと思います。特に相手が外国人の場合などは一度お読みいただけるといいかと思います。

権利関係を確認する契約書の作成

損害賠償以外について定める場合、特に慰謝料を請求しないがその他のことを定めておく時はまさにこれが問題になります。

個人情報保護・秘密保持に関する契約書を作成する

個人情報や秘密保持について特別定める必要はありませんが、少し内容を盛り込む必要は出てきます。

契約書に免責規定を作成する時の工夫

免責というわけではありませんが、これ以上責任は負わないし追求しないということを書くことがあります。その意味ではこの記事が参考になると思います。

専門用語を使って契約書を作成する

誓約書や示談書において専門用語は基本的には使いませんが、法律用語の専門用語は使う場合があります。

損害賠償や解除、管轄などですが、これについては定義付けをする必要はなくわからない場合は専門家に聞かれるといいと思います。

契約書に協議の上定めるという規定を作成する

これについては、どのような場面でも問題になってきます。

基本的に1度契約を交わした後はあまり会うことがないでしょうから、7このような規定の仕方はあまりしない方がいいと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ