イメージ画像

夫婦関係を修復する手段として内容証明を考える


夫が妻が不倫したという場合に配偶者との関係がうまくいかないため、とりあえずは不倫相手に慰謝料を請求したいという相談があります。

この場合に多くの方が望んでいるのは慰謝料というよりは配偶者との関係改善である場合が多いです。

そういった事情がある場合は、内容証明に記載する内容を少し工夫する場合があります。

通常は不貞行為を記載したうえで不法行為にあたるため慰謝料を請求するという内容になりますが、関係改善を図るためにはとにかく別れてもらわなければならないので、

すぐに別れるのであれば慰謝料請求はしないが継続するようであれば高額の慰謝料を請求するというような内容にします。

こうすることで相手に別れるモチベーションを高めるわけです。

軽い気持ちで不倫しているような場合は別れる可能性が高まると思います。

配偶者が不倫した事実は自分にも非があると感じられている場合はこのような内容で作成しても良いかと思います。

慰謝料請求の内容は様々変化しますのでお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ