イメージ画像

内容証明ではなく手紙では駄目ですか?


慰謝料請求を普通の手紙に書いて送った場合、届いていないとしらをきられたり、何も書いてなかったと言われたり、破って捨てられたら、そこで終わりです。

そこで、きちんと記録の残る内容証明の形で相手に送付します。

送ったこと、届いたこと、送った内容が記録に残ります。

ただし、内容証明には法的拘束力がありませんので、裁判や調停に入る前の牽制球のようなものと考えましょう。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ