イメージ画像

不倫相手に対する慰謝料請求を友達に協力してもらってかまいませんか?


不倫の慰謝料請求を友達に助けてもらうことができるでしょうか?

助けて貰う度合いによります。

例えばなんとなく話を聞いてもらうというような相談相手になってもらうような場合、このような場合でしたら問題は少ないと思われます。

しかし、相談といっても法律相談となると資格者でないとできないとされています。

とくに有料で相談に応じる事は資格者のみとされています。

これに反すると、行政書士法や弁護士法違反として問題視される場合があります。

また、代理人として動くとなると友達と言うだけでは難しいです。

書面を作成する書面作成代理人としては行政書士が動けます。

その他の代理人としては弁護士が動けます。

また、裁判によっては親族を代理人として立てることが認められる場合があります。

それ以外としては、委任状を出すことによって代理人として動くことができるかどうかが問題になりますが、特に代理人が有料で報酬をもらって動くとなると法律では認められていない場合が多いです。

具体的な事情によって色々と異なってきますので、細かな事はお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ