イメージ画像

不倫慰謝料請求の時効って何年ですか?


不倫の慰謝料請求についていろいろと相談にのっていると、

「結構昔の話なんですが…」などと言って話される方がいます。

ある程度昔の話になると時効の問題を考えなくてはなりません。不倫の慰謝料請求は民法上不法行為として考えますから、民法上慰謝料の時効は3年となります。

時効の起算点は損害及び加害者を知ってから3年間となっています。

中には自信をもって不倫の慰謝料請求の時効は2年ですよねえ!と詰め寄ってこられる方がいらっしゃるので、この点はきちんと理解しておきましょう。

さて、問題はここからです。

不倫の慰謝料請求の時効期間が経過しているとします。

具体的には不倫があったことと相手を知ってから3年がたっているときです。

多く誤解されているのは、時効期間を経過したら請求が全くできなくなると思っている方が多いのです。

そうではありません。

相手が時効の援用をしない限り時効は完成しません。

つまり、3年経過したから慰謝料請求できないのではなく、現実に内容証明などで相手に請求してみると、支払いをしてくる場合があります。

もちろん時効が完成していると知っていてです。

例えば本当に反省している場合や、面倒ごとに巻き込まれたくない場合等。

このような場合は時効の援用をしてきません。

そうなると慰謝料請求できることになります。

これは別になんら法律に反しません。

さて、このことから請求する側としては何を考えなければならないでしょうか。

時効期間が経過したからといって慰謝料請求が出来ないわけではないということを認識しましょう。

ただ、相手が時効の援用をしてしまえばそれまでてす。

そのため、相手に反省うながすような内容、もっと直接的に言うのであれば相手に時効の援用をさせない内容の内容証明を書く必要があります。

必ず成功するということもありませんが、一度考えられてみてはいかがかと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ