イメージ画像

不倫の調停調書や示談書に「一切の関係を断つ」と明記したのに守らない場合はどうすればいいですか?


人の感情や行動は法律で強制することはできないのでこのような問題もよく起こります。

調停調書や和解書・示談書の記載を証拠としてあらためて慰謝料請求訴訟を起こすことが可能です。

まずは、調停調書や和解書・示談書の記載を守らない相手に、このままだと再度、訴訟を起こすことになると警告しましょう。

素直に調停調書の記載を守るようになればそれに越したことはないですし、それでも守らなければ、再度請求または訴訟を起こすまでです。

要は新たな不倫の問題が生じたと考えることになります。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ