イメージ画像

不倫の話し合いに相手が弁護士を立てた場合、こちらも弁護士を立てないといけませんか?


相手が弁護士を立てたからと言ってこちらも弁護士を立てないといけないわけではありません。

弁護士なしでも話し合い可能です。

弁護士はあくまで代理人だからです。

どちらにも言える事ですが、弁護士や行政書士の名前で内容証明を作って慰謝料を請求し、

その後、うまく交渉が進まなくなった場合などに、はじめて弁護士に代理人となってもらい交渉してもらうのが費用面からも得策です。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ