イメージ画像

不倫の手切れ金を請求したいのですが


不倫に終止符を打つ時がきた場合に手切れ金を支払う場合はよくあります。

配偶者がいないと騙されていた場合は詐欺ですからきちんと慰謝料をもらっておけばいいです。

そうでない場合も痛み分けの部分がありますから、付き合っていたもの同士の間で合意するのであれば支払いをしてもかまいません。

このような債権債務を自然債務といいます。

さて、支払いの合意ができればいいですが、出来ない場合には請求するということになります。

この場合、大げさにすると相手の配偶者の知れるところになり逆に損害賠償を請求されかねません。

その辺りを注意した上で相手が支払いたくなる方法や文面を検討する必要があります。

やはり家に内容証明を送ることは危険ですので会社に送ることや、文面も自己に不利にならないように注意されるべきかと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ