イメージ画像

不倫の慰謝料請求の時効の起算点について


繰り返し書いていることなのですが、不倫の慰謝料請求の時効につきましては、民法724条により「損害および加害者を知った時」が起算点となります。

そして、起算点から3年が経過すると時効となります。

したがいまして、不倫の事実と相手が誰かということを知った時から3年以内に慰謝料請求をする必要があるということです。

いつ知ったかということは争いになる場合も多いのですが、実体としてはこのように決まっています。

何か疑問がある場合はお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ