イメージ画像

不倫の慰謝料請求のご相談


今回ご相談を受けたのは不貞行為を行った時からは3年以上たっているけれども、私が知ったのが最近だという事例です。

このような場合、時効というものは「損害及び加害者を知った時から三年間」なので、ご相談者の意識をもとにすれば時効は完成していません。

ただ、不貞行為自体は3年以上前ですので、相手としてはすでに知っていたでしょとして反論してくることが考えられます。

そうなると交渉することになりますが、やはり双方とも裁判にまではしたくないと思うことが多いので、意外と支払われる結果になることが多いかと思います。

なお、時効というものは相手が援用して初めて効果が出るので、援用しない限りは請求してかまいません。

だいぶ年数がたっているような事情があっても話し合いですんなり慰謝料が支払われることは意外にあります。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ