イメージ画像

不倫→離婚→慰謝料支払い→復縁


不倫していたらそれがばれて相手夫婦は離婚になりました。

慰謝料を100万円支払いました。

支払いは分割だったのですが、途中で相手方夫婦が復縁して再婚しました。

噂では私が払った慰謝料で時計を買ったなどと言い触らしているそうです。

このような場合に支払いを止めたいのですができますか。

また詐欺などで逆に訴えることができますか。

というような質問が来ました。

法律は基本的には何かと分析的に考えますので、慰謝料支払いと再婚は別のものとして考えます。

つまり離婚したのは事実であって、再婚したこととは関係ないので、離婚したことについての慰謝料は支払わなければならないということになります。

再婚したからと言ってすでに決まっている慰謝料金額が減額されるという事はありません。

ここまでが原則です。

では例外的にどのような場合が考えられるかと言うと、例外としては美人局の場合が考えられます。

つまり、最初から慰謝料請求することを目的に不倫して離婚したような場合です。

このような場合は、詐欺ですので慰謝料の支払いを認めると言う和解契約を、詐欺を理由に取り消しをすることができることになります。

取り消しを相手に主張して、相手からの支払い請求を拒むということになると思います。

ただし、相手が争えば詐欺であるということを立証しなければならないのは取り消す方です。

これを証明するのはなかなか難しいことかと思います。

さて、例外的な場合の話は置いておいて、原則の話に戻りますと、原則の場合にどのように対抗していくことを考えるかということについて少し触れておきます。

基本的に今回の場合は、 100万円の支払い義務を負っているわけですが、これは不倫の慰謝料です。

そして、不倫は2人でするものです。

つまり、不倫相手に対して支払い義務の半分を負えと請求していくことができるわけです。

具体的には半額の50万円を支払えというように請求します。

難しくいうと、不法行為の損害賠償義務が不真正連帯債務であるため、相手の負担割合の部分の支払いを請求していくということになります。

ただ、この請求は和解書で封じられている可能性があります。

封じられてしまっていますと請求はできません。

また、この請求の相手方は不倫相手です。そして、慰謝料の債権者は不倫相手の配偶者です。

そのため、相手が違いますので基本的には相殺は認められません。

不倫相手の配偶者が合意してくれるた場合のみ相殺することができることになります。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ