イメージ画像

この示談書は有効ですか?


示談書に限らず契約書の有効性などの質問を受けます。

法律的には契約は意思主義といって双方の意思が合致すれば成立しますので、示談書自体は当事者の署名がされていれば有効に成立します。

印はいりません。

といってもほとんどの文章には印を押すのが慣例なので押しておくといいとは思いますが。

記名の場合(要はパソコンなどで名前を入れた場合)には押印が必ずいります。

それ以外の内容については当事者同士で千差万別なのが実際です。

一番いいのは専門家にチェックしてもらうことでしょう。

当事務所でも有料ですがしていますのでご相談ください。

余談ですが、専門家としては考えられない示談書を作成している専門家もいますが、大抵の方はそのようなことがないとは思います。

もし一般常識から少し疑問に思う書面を作成されたら別の専門家に相談すべきです。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ