イメージ画像

うつ病の夫が暴力をふるう場合の離婚


配偶者がうつ病など強度の精神病にかかってしまい、

回復の見込みがないとき、離婚は認められています。

「回復の見込みがない」かどうかは、専門の精神科医の

鑑定を参考にして、裁判所が判断を下すことになります。

精神病による離婚が認められないとしても、

うつ病を原因とした暴力などにより

「婚姻を継続し難い重大な事由がある」として

離婚が認められる場合がありますから、判断は慎重に

おこなう必要があります。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求についての業務案内はこちらから。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ