不倫慰謝料請求相談所

不倫・浮気・婚約破棄・離婚の慰謝料請求問題


業務案内

うみそら行政書士事務所では、不倫・浮気・婚約破棄・離婚など男女問題でお悩みの方を書面作成を通じてサポートしています。

メール相談

無料

不倫・浮気・婚約破棄・離婚のみならず、その他法律問題に関してのご相談でしたら、一般的な問題に対する回答に限定させていただいておりますが無料で対応させていただいております。

お気軽にご相談下さい。

内容証明作成代行

慰謝料請求(不倫・婚約破棄・その他不法行為)に関する内容証明作成

17,500円(行政書士名・職印有・税込み)

不倫・浮気の問題であれば相手に慰謝料請求をする内容であったり、交際の停止を求める内容であったり、すでに解決しているはずの慰謝料問題について支払いを請求するような内容であったり、その他法律に違反しない内容を盛り込んで作成していきます。

婚約破棄の問題は多くの場合慰謝料請求になりますが、その他婚約中の費用の清算について求めるような内容であったり、相手に対する思いを盛り込みます。

離婚問題の場合は通常内容証明を送るという事はありませんが、別居しているような場合は送る場合もあります。盛り込む内容としては離婚の条件である慰謝料や養育費、親権などについて要求を記載していきます。

行政書士名で相手に対して発送します。

誓約書作成代行

誓約書作成

19,800円(行政書士名・職印有・税込み)

誓約書は法律的な定義があるわけではありませんが、当事務所では1人のみが署名する書面を原則として誓約書と位置づけています。

不倫、浮気、婚約破棄、離婚どの問題にも共通しますが、話し合いがまとまった場合に相手にだけ何かを守らせたいことがあり、それを相手が承諾している場合に誓約書を作成します。

希望に応じて行政書士名で相手に対して発送することができます。

示談書・離婚協議書作成代行

示談書作成

準婚姻契約書(婚前契約書)作成

離婚協議書作成

24,800円(行政書士名・職印有・税込み)

誓約書と違い当事者双方が署名しあう契約書の作成です。

不倫、浮気、婚約破棄の問題であれば、起こった出来事を特定し、それに対する慰謝料などの処理、その他今後の約束事について規定していきます。

離婚協議書については、慰謝料・婚姻費用分担・親権・面接交流権・養育費など必要事項を盛り込みます。

希望に応じて行政書士名で相手に対して発送することができます。

完全秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

携帯からご覧の場合、umisoragyousei@gmail.comまでお願いいたします。

電話でのご相談はTEL:0775354622までお掛けください。

時間は平日の9:00~19:00です。

新着情報

申し訳ありませんが、現在業務情報の更新は次のサイトで行っています。

うみそら行政書士事務所

慰謝料請求の流れ

簡単に一般的な慰謝料請求の流れを説明させていただきます。

さまざまな場合がありますのでこの流れに必ず従わなければならないというわけではありません。

あくまで一般的な事例です。

証拠収集

原則として証拠収集が先になります。

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求を相手にした後では、証拠を集めることがどうしても難しくなるからです。

慰謝料請求をされたにも関わらず、証拠を開示する人は少ないためです。

請求

通常内容証明で請求します。

内容証明とは郵便の1つの方法で、同じ内容の書面を3通作成し、送った人・送られた人・郵便局の3者が持つため、送った内容とその日時が後々になっても証明できると言うものです。

単純に口頭で請求するよりも重みがありますので一般的には内容証明が利用されます。

当事務所ではこの内容証明の作成を17,500円(税込)で行っております。

交渉

内容証明送付した後は、請求内容についての話し合いが開始されます。

相手が請求をそのまま承諾する場合は交渉をする必要はありません。

相手としては、不倫・浮気の慰謝料問題の場合は不貞行為を否定してきたり、婚約破棄の慰謝料問題の場合は合理的な理由があるというように反論してきたりします。

また、不倫・浮気・婚約破棄に共通して金額を減らしてほしいということを言ってくる場合もあります。

それらに対して話し合いを行うことで慰謝料額を決定させて行きます。

当事務所では、交渉段階の問題については弁護士法に反しない範囲で無料でサポートさせていただいております。

和解

ほとんどの場合では話し合いの末に和解に至ります。

和解に至らなかった場合は裁判へ進むことになります。

話し合いがまとまった場合はそれを書面にします。

お金の支払いが問題になる場合が多く、約束したことを記録しておく必要があるからです。

そういう書面を和解書または示談書などと言いますが、当事務所ではそのような書面の作成を24,800円(税込)で行っております。

お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

携帯からご覧の場合、umisoragyousei@gmail.comまでお願いいたします。

電話でのご相談はTEL:0775354622までお掛けください。

時間は平日の9:00~19:00です。

アドバイス

ここでは、よくあるご相談・ご質問を参考に、当事務所をご利用になられない方にとっても不倫、浮気、婚約破棄、離婚に関して書面を作成する上で有益になると思われるアドバイスをいくつかさせていただきます。

内容証明の作成について

できるだけ論理的に

不倫、浮気、婚約破棄、離婚どの問題にも共通しますが、内容証明の目的は原則として相手へ慰謝料その他の請求をすることにあります。

そこでは、端的かつ論理的に相手に請求を伝えることが第一目的です。

そのため、感情を伝えたいという要望はあると思いますが、文学的表現よりはできるだけ用件を誤解のないように端的に伝える文章を作成されるといいと思います。

当事務所で作成する場合は、用件を論理的に伝えた後で、出来るだけご依頼していただいた方の思いを込める文章を作成するようにしています。

感情論の部分については出来るだけご本人の意思を尊重しています。

無駄を省く

論理的にというのと共通しますが、基本的に正面を送られる方の人は、相手が専門家でもない限り、あまりきちんと書面を読まないことが多いです。

そのため、できるだけ簡潔に相手に伝える方が慰謝料を支払ってもらうという目的を達成するにはいいでしょう。

相手と交渉しやすいように

論理的に無駄を省くといっても、単純に権利主張をするのであっては、相手としても対応に苦しむ場合があります。

内容証明をもらった相手が対応しやすいような内容(相手が行うべき行動など)を盛り込んでおくといいと思います。

期限を切る

相手が対応しやすいような内容の1つですが、返事を求めたり支払いを求めるのであれば、それの期限を定めておくことが必要です。

一方的にした期限は相手を拘束することはありませんが、相手は行動する目安となりますのでこれはぜひ入れてください。

誓約書・示談書の作成について

分かりやすく

書面の内容は十人十色で様々な内容があると思います。

一般的に雛形と言われる物を参考にしてもいいとは思いますが、完全にそれらに従う必要があるというわけではありませんし、雛形がそのまま利用できる場合も少ないと思います。

雛形にないような内容を規定する場合は、とにかく誤解のないようにわかりやすく記載するということです。

様々な形が作成されたものを拝見していると、難しい言葉で作成しなければならないと誤解されている方が多いようで、読みにくいだけならまだしも間違えた内容で作成されたものもあります。

そもそもその書面に署名する人がきちんと理解していることが大前提ですから、困った時はとにかく分かりやすい表現できていしておくと良いでしょう。

具体的に

わかりやすく記載するというのにも共通しますが、できるだけ具体的に書いていくということが重要になります。

例えば不倫や浮気の慰謝料請求をしたときに今後は会わないというような規定をおく場合がありますが、これだけでは会わないのであれば電話してもいいのかなどと揚げ足を取られてしまいかねません。電話、メール、その他いかなる方法を用いても連絡を取り合わないこととういうように具体的に規定するほうがいいでしょう。

公正証書について

書類を作成する上で公正証書にしたほうがいいのかという質問を受けることがありますが、公正証書を作成する場合は作成するときのメリットデメリットを考えられるといいと思います。

そこで注意していただきたいのは、メリットデメリットを表面的に捉えないということです。

例えばメリットとして公正証書は債務名義となり、裁判を行わずにいきなり執行することができるということを言われる場合がよくあります。

確かにそうなのですが、実際に執行をしようとすると裁判所の手続きが必要ですし執行する対象となる財産を特定しなければなりません。

その時に多大な苦労することが多いです。

そのようなことを考えた上で、公正証書を作成しなかった場合の請求方法と公正証書を作成した場合の請求方法を具体的に比較検討されるといいと思います。

ご依頼方法とその後の流れ

お問い合わせ

まずはこちらのメールフォームからお問い合わせください。(24時間対応)

携帯からご覧の場合、umisoragyousei@gmail.comまでお願いいたします。

ご案内

お問い合わせいただきましたら、こちらが案内と質問を記入したメールを返信させていただきます。

それをお読みいただき最終的にご依頼いただくかご検討ください。

お支払い(ご依頼成立)

ご依頼頂く場合はご案内に記入してある振込口座にお振り込みいただきます。

お振り込みいただいた時点でご依頼成立となります。

原案作成

通常翌営業日までには原案を作成しお送りします。

原案を見ていただいた上でご検討いただきます。

修正

原案をもとに修正作業を行います。

修正作業の回数や期間制限はありません。

納得いただくまで修正作業を行います。

発送

納得いただけましたら発送作業に移ります。

ご相談

発送後は相手の対応によって様々ですが、どのような場合も無料でサポートさせていただきます。

ご依頼いただいたお客様の声

一部抜粋でご紹介させていただきます。

長い間苦しんできましたが、少し楽になれた気がします。

たまたま検索して質問させていただき、法律的な基礎と「とりあえずは請求の意思だけは表してみられては?」との言葉をいただいたのが今にして思えば転機だったのかなと思います。

定額制であることから依頼させていただいたのですが、内容証明の作成においては怒りに任せてまとまりの無いことを言う私に、

「そういうことは言わない方がいいと思います。」

「そこは法律的にはあまり意味がないですが書き込みましょう。」

「出来るだけ端的に相手に伝えないと駄目なのですが、なんとか…」

などといろいろと親身になって対応していただいたことが本当に印象深いです。

本当に何度も文章の修正をしていただきご迷惑かと思いましたが、丁寧に対応していただきありがとうございました。

交渉は先生は出来ないということでしたので私自身で行いましたが、当初の精神状態から考えると交渉して一人と示談までもっていけたのは、やはり困った時にはなんでも相談できる先生の存在があったからだと思います。

あと、示談書の作成もありがとうございました。

その他のお客様の声については不倫・浮気・婚約破棄・離婚の慰謝料請求サポートをご依頼いただいたお客様の声のページを御覧ください。

不倫・婚約破棄の慰謝料請求をする前に知っておきたい基礎知識

簡単な解説動画です。

不倫・婚約破棄が問題となった場合にまずは抑えておくべき知識としては、

  • 不倫は婚姻関係が破綻していれば慰謝料請求できない
  • 婚約は結納がなくても成立する
  • 慰謝料額の相場はあってないようなもの
  • 慰謝料請求に一番大事なのは根気と気合
  • 不倫・婚約破棄の慰謝料請求の宣戦布告は内容証明で
  • 示談書は先に提示しよう
  • 不倫・婚約破棄の証拠は重要だが裁判にならないとほとんど使わない
  • 不倫・婚約破棄の慰謝料請求をサポートできるのは行政書士と弁護士

といったことが挙げられます。

詳しくは、不倫・婚約破棄の慰謝料請求をする際に知っておきたい基礎知識(詳細編)を御覧ください。

不倫・婚約破棄の慰謝料請求に関するよくある質問

不倫・浮気・離婚・婚約破棄など男女問題の相談をうけていてよくある質問は、いくら慰謝料請求ができますか?というものです。

問題の事情や相手の経済状況などによって異なるのですが、裁判までいかずに裁判外で解決する場合は100万円というのが大体目安になってきているようです。

その他のよくある質問についてはこちらの「不倫・浮気・離婚・婚約破棄の慰謝料請求に関するよくある質問」のページをご覧ください。

当事務所にご依頼いただくメリット

当事務所は、不倫・浮気・離婚・婚約破棄の慰謝料の問題についてサポートしていますが、当事務所にご依頼いただくメリットとしては、

  • 経験豊富
  • 全国対応
  • 定額
  • 低額
  • 成功報酬なし
  • スピート
  • 相談無制限

などが挙げられます。

詳しくはこちらの「不倫・浮気・離婚・婚約破棄の慰謝料請求を当事務所に依頼するメリット」のページをご覧ください。

アクセスの多い人気コラム

不倫・浮気・離婚・婚約破棄の問題で相談があると抽象化しつつブログに書いているのですが、時々まとめることがあります。

その中でもアクセスの多いページをご紹介いたします。

不倫や浮気、婚約破棄で慰謝料請求される15のきっかけ

不倫や浮気、男女問題、婚約破棄の慰謝料請求をする前に知っておくべき9つのこと

不倫、浮気、婚約破棄の慰謝料請求が失敗する三つの理由

繰り返しになりますがご相談・ご依頼方法

不倫・婚約破棄の慰謝料請求に関してのご相談・ご依頼方法は基本的にはメールで受け付けております。

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

携帯からご覧の場合、umisoragyousei@gmail.comまでお願いいたします。

電話でのご相談はTEL:0775354622までお掛けください。

時間は平日の9:00~19:00です。

動画による簡単な業務案内です。

当事務所の業務案内

契約書作成業務

業務委託契約書を中心に様々な契約書の作成に対応しています。

帰化申請業務(滋賀・京都)

京都、滋賀での帰化をサポートしています。

 

このページの先頭へ